住友鉱・住商:チリ銅鉱山開発で10億ドル調達-官民5行が融資

住友金属鉱山と住友商事は9日、チ リのシエラゴルダ銅鉱山開発プロジェクト向けに、国際協力銀行(JB IC)と大手邦銀4行から10億ドル(約816億円)の融資を受けると 発表した。総投資額31億ドルの一部で、日本貿易保険(NEXI)か らの保険適用も受けるなど政府も同事業を支援している。

発表資料によると、JBICが7億ドル、みずほコーポレート銀行 と三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の3行がそれぞれ8500万ドル、 住友信託銀行が4500万ドルを貸し出し、民間4行の3億ドル部分には NEXIが保険を付ける。

同事業は住友鉱が31.5%、住商が13.5%の権益を取得。カナダ企 業も出資する大型銅・モリブデン鉱山開発。今回の融資10億ドル分以 外は8億ドルが出資金で13億ドルは親会社が借り入れた長期融資で調 達する方針。このうち3億ドル分についても政府機関である石油天然ガ ス・金属鉱物資源機構から債務保証を受ける計画だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE