ブラジル株:ベベスパは続伸-予想外の利下げペース加速で

8日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が続伸。ブラジル中央銀行が7日の金融政策委員会で、 予想に反して政策金利の引き下げペースを加速させたことから、住宅関 連株と消費関連株が買われた。

ショッピングセンターを運営するアリアンセ・ショッピングセンタ ーズは3.7%高。2011年10-12月(第4四半期)決算で、純利益が前年 同期比49%増加したと発表したことが好感された。小売企業のロジャ ス・アメリカナスは4.4%上昇し、昨年10月以来の大幅高。住宅建設会 社ロッシ・レジデンシアルは7.1%値上がりし、BM&Fボベスパ不動 産指数の構成銘柄でパフォーマンスが最高だった。同指数は昨年6月以 来の高値を付けた。

ボベスパ指数は前日比1.4%高の66908.39で終了。指数構成銘柄の うち上昇が52銘柄、下落は17銘柄。通貨レアルは0.3%高の1ドル =1.7607レアル。

ティトゥロ・コレトラ・デ・バロレスのパートナー、マルシオ・カ ルドソ氏は電話インタビューで、「政策金利が下がれば下がるほど、国 内消費関連株を中心に株式相場にとっては好材料だ」と指摘。また、 「世界的に市場には潤沢な流動性があふれている状態だ。ある時点で欧 州の状況が一段と安定すれば、そうした資金はすべて高リスク資産に向 かい始め、ブラジル株式相場は盛り上がるだろう」と述べた。

原題:Bovespa Index Rises as Brazil Unexpectedly Accelerates Rate Cuts(抜粋)

--取材協力:Helder Marinho、Christine Jenkins.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE