3月8日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが大幅続伸、ギリシャ債務交換を楽観-円は続落

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで続伸。2週間ぶり の大幅な上げとなった。ギリシャ債務交換をめぐり、投資家の参加率が 実施に十分な水準に達したとの観測が広がった。これにより、欧州債務 危機が封じ込められるとの楽観的な見方が強まった。

欧州中央銀行(ECB)は8日、政策金利の据え置きを決定。ドラ ギECB総裁は、最新のデータがユーロ圏経済の安定化の兆候を裏付け たと発言した。これを受けてユーロは上昇。一方、円は主要取引通貨の 全てに対し値を下げた。日本の経常収支が過去最大規模の赤字となった ことから、安全な逃避先としての位置付けが弱まった。株式相場の上昇 を背景にニュージーランド・ドルと南アフリカ・ランドなど高利回り通 貨が上げた。

BNPパリバの為替ストラテジスト、メアリー・ニコラ氏(ニュー ヨーク在勤)は「非常に強いリスク選好の動きが見られた。ギリシャ債 務交換への民間投資家の参加が順調で、遅れは出そうにないとの見方が その動きをかなり後押しした」と指摘。「ECBはリスクが低減したと 強調しており、金融緩和の可能性が遠のいたと示唆したともとれる」と 述べた。

ニューヨーク時間午後4時2分現在、ユーロはドルに対して前日 比0.9%高の1ユーロ=1.3269ドル。2月17日以降で最大の上げ となった。円に対しては1.6%上昇の1ユーロ=108円28銭。円は 対ドルで0.6%下げて1ドル=81円61銭。2日には81円87銭と、 昨年5月26日以来の安値を付けていた。

ギリシャ債務交換

ギリシャの銀行関係者は8日、国債保有者の新発債への債務交換の 参加率が約85%だったことを明らかにした。ギリシャ債務交換は過去 最大の債務再編となる。同関係者は、暫定値はギリシャ法に基づく国 債1770億ユーロのうち、最高1550億ユーロについて債務交換の申 し出があったことを示していると語った。

ユーロ・ドルの1カ月物オプションのインプライド・ボラティリテ ィ(IV、予想変動率)指数は9.89%に低下。2月24日に付けた 10カ月ぶり低水準の9.79%に近づいた。JPモルガン・G7・ボラ ティリティー指数によると、、G7通貨のIV指数は10.24%に低下 した。前日は10.4%だった。

円は下落局面

GFTフォレックスの通貨調査担当ディレクター、キャシー・リー ン氏(ニューヨーク在勤)は「この日はショートカバーが出ている。投 資家は売り持ちのまま債務交換のデータ発表のあおりを受けたくないと 考えているためだ」と説明。「ドラギ総裁のこの日の発言は、ユーロの 悪材料より好材料となる内容が多かった」と述べた。

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数 によれば、ユーロは債務危機の深刻化を背景に過去6カ月間で2%下落 した。ドルは2.5%上昇。円は4.8%の下落となっている。

円はドルに対して9カ月ぶり安値に近づいた。財務省の8日発表に よると、1月の日本の経常収支は4373億円の赤字だった。比較可能 な1985年以来、過去最大の赤字額。ブルームバーグニュースのエコ ノミスト調査によると経常収支の予想中央値は3200億円の赤字だっ た。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から8000件増加して36万2000件。主要6通貨に対する インターコンチネンタル取引所(ICE)のドル・インデックスは

0.7%低下して79.128となっている。

◎米国株:続伸、S&P500種は2日間の上げとしては年初来で最大

米株式相場は続伸。S&P500種株価指数の2日間の上げは年初 来で最大となった。ギリシャが債務交換の完了に近づいていることが 材料視された。

S&P500種の業種別24指数では銀行が最も上げた。ウェル ズ・ファーゴやJPモルガン・チェースが高い。アルコアやキャタピラ ーも値上がりした。高級ハンドバッグメーカーで米最大手のコーチは、 中国事業は引き続き力強いと発表したことが好感され大幅上昇。一方で マクドナルドは下落。2月の既存店売上高がアナリスト予想に届かなか ったことが嫌気された。

S&P500種株価指数は前日比1%高の1365.91。2日間の上 昇率は1.7%となった。ダウ工業株30種平均は70.61ドル (0.6%)上げて12907.94ドル。米証券取引所全体の売買高は約 61億株で、3カ月平均を8.8%下回った。

シルバークレスト・アセット・マネジメント・グループ(ニューヨ ーク)のスタンリー・ナビ副会長は、「ギリシャに選択肢はなく、債券 保有者にも選択肢はない」と指摘。「双方とも泥沼にはまり込んでい る。保有者は債務交換に応じるだろう。そうなれば市場はそこそこ安心 する。ただどれだけ続くだろうか。大いに疑問だ」と続けた。

ギリシャの債務交換には、これまでに保有者の約85%が参加を表 明。政府当局者によれば、最終的な結果はアテネ時間9日の午前8時に 発表される。ベニゼロス財務相はアテネ時間同日午後1時に記者会見を 開く。

ギリシャの債務交換

債務交換の最終目標は、民間投資家が保有する2060億ユーロ相 当のギリシャ債の元本を53.5%減免することだ。1300億ユーロ規模 の第2次支援策とともに、債務減免は危機の流れを変えるための重要な 要素になっている。

シュローダーのアラン・ブラウン最高投資責任者(CIO)は「多 少の時間稼ぎはできた」とした上で、「ギリシャ債の元本減免に向けた 動きは全て順調に進んでいるが、ギリシャの競争力回復には何の役にも 立たない。この問題は再び浮上する可能性が高く、問題はその時期だ」 と述べた。

この日の上昇で、S&P500種の年初来上昇率は8.6%となった。 業種別10指数では年初以降、テクノロジー株と金融株の指数の上げが 特に大きい。

銀行が高い

KBW銀行株指数は1.4%高。構成する24銘柄中21銘柄が上 昇した。ウェルズ・ファーゴは3.3%高の31.40ドル。JPモルガ ンは1.2%上昇し40.44ドル。

この日は経済指標も相場の材料となった。米労働省が発表した先週 の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は36万2000件に増加し たものの、改善が続く労働市場と一致した水準だった。エコノミスト調 査によれば、9日に発表される2月の雇用統計では、民間部門で22万 5000人、非農業部門全体では21万人の雇用増がそれぞれ見込まれて いる。

景気敏感株で構成するモルガン・スタンレー・シクリカル指数 は1.8%高。ダウ輸送株平均は1.4%上昇。S&P500種の業種別 10指数では商品株と産業株の指数が最大の上げ。アルミ生産で米最大 手のアルコアは2.3%高の9.77ドル。建機最大手のキャタピラーは

1.9%値上がりし110.28ドル。

コーチは4.6%高の76.79ドル。マクドナルドは3.2%下げた。

◎米国債:続落、ギリシャ債務交換で高い参加率-安全逃避需要が減退

米国債相場は続落。ギリシャの債務交換が期限を迎え投資家の過半 数が参加を表明したことから、リスク志向が復活し、米国債への逃避需 要が減退したのが背景。

30年債利回りは2週間ぶりの高水準。9日に発表される2月の米 雇用統計を控え、雇用者が増加し景気回復は勢いを増しつつあるとの楽 観が広がっている。ギリシャの銀行関係者は債務交換の参加率が約 85%だったと語った。ギリシャ財務省の発表によると、ベニゼロス財 務相はアテネ時間9日に記者会見を開く。

グッゲンハイム・パートナーズ(ニューヨーク)の米政府債トレー ディング担当ディレクター、ジェーソン・ローガン氏は「ギリシャ発の ニュースはこれまで比較的明るい」と述べ、「米国債市場では投資家が 売りの機会をうかがっている」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時20分現在、30年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1 bp=0.01%)上げて3.17%。一時は3.18%と2月22日以来の 高水準をつけた。同年債の価格(表面利率3.125%、償還期限2042 年2月)は30/32下落して99 3/32。10年債利回りは4bp上げ て2.01%。2年債は0.31%。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想平均による と、10年債利回りは年末までに2.53%に上昇する。

米国債の入札予定

財務省によると、来週12日から3日間の予定で3年債(320億 ドル)、10年債(210億ドル)、30年債(130億ドル)の入札を実 施する。

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の国債戦略責任者、デービッド・エーダー氏は「来週の入札予定に加え てギリシャ債務交換がまとまるとの予測や、雇用統計に対する明るい見 通しが米国債市場にある程度弱気な見方をもたらした。しかし最近のレ ンジを出ていない」と続けた。

ギリシャの当局者は匿名で、ギリシャ法に基づく国債1770億ユ ーロのうち、最高1550億ユーロの交換の申し出があったことを暫定 値が示していると語った。また、ギリシャ以外の法律に基づく国債 180億ユーロのうち120億ユーロでも申し出があったという。

ギリシャ政府は自発的な交換を望んでいたが、必要な場合には集団 行動条項(CAC)を発動し、交換を強制する意向を明らかにしてい る。

米労働市場の見通し

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から8000件増加して36万2000件。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は35万2000件だった。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ債券ストラテジスト、 ガイ・リーバス 氏は「失業保険申請件数が40万件を下回れば、それ は労働市場の改善を示唆する」と述べた。

ブルームバーグがまとめた予想によると、9日発表の2月米雇用統 計では21万人の雇用増となっている。そうなれば3カ月連続で雇用増 が20万人を超えることになる。

2年債と30年債の利回り格差は2.87ポイントと、2月21日以 来で最大となった。イールドカーブのスティープ化は一般的に景気に対 してより強気な見方を示唆する。

◎NY金:続伸、2週間ぶり大幅高-ドルの対ユーロ下落で代替需要

ニューヨーク金先物相場は続伸。2週間ぶりの大幅高となった。 ギリシャ債務交換の見通し改善を背景にユーロが対ドルで上昇したこ とから、代替投資先としての金の需要が膨らんだ。

ユーロは対ドルで2週間ぶりの大幅高。ギリシャは債務交換の完 了に近づいている。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、2012 年のユーロ圏の経済成長率はマイナスが見込まれるものの、インフレ 率は同中銀が上限と見なす2%を上回るとの見通しを示した。ECB は政策金利を過去最低の1%で据え置いた。株式指標であるMSCI オールカントリー世界指数は一時1.5%値上がりした。

MLVのシニアリサーチアナリスト、リック・トロットマン氏は 電話インタビューで、「ようやくギリシャは乗り越えられそうだ。全 体のセンチメントは前向きだ」と指摘。「今のところリスク選好の動 きが復活している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比0.9%高の1オンス=1698.70ドルで終了。前日は

0.7%上昇していた。

◎NY原油:続伸、独経済指標やギリシャ債務交換で見通し改善

ニューヨーク原油先物相場は続伸。ドイツの鉱工業生産指数が予 想以上に伸びたことや、ギリシャが債務交換の完了に近づいているこ とを手掛かりに、欧州経済や燃料需要が回復するとの楽観が強まった。

独経済技術省が発表した1月の鉱工業生産指数は前月比1.6%上 昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミストの予想中央値 は1.1%上昇だった。ギリシャの債務交換では、対象総額の約60% 相当の国債を保有する投資家の参加がこれまでに分かっている。バー クレイズ・キャピタルによると、イランの原油輸出は日量で最大40 万バレル減少した。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード) の市場調査ディレクター、アディソン・アームストロング氏は「欧州 の経済情勢に対して楽観が強まったことが、相場上昇の要因だ」と指 摘。「この傾向は他の大半の市場にも反映されている。ドルは対ユー ロで下落、株価は堅調だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比42セント(0.40%)高の1バレル=106.58ドルで終了。年初 からは7.8%値上がりしている。

◎欧州株:ストックス600、1カ月ぶり大幅高-債務交換期限迫る

8日の欧州株式相場は続伸。ストックス欧州600指数は1カ月ぶ りの大幅高となった。ギリシャの債務交換に民間投資家が応じる期限は この日のアテネ時間午後10時。ドイツで発表された鉱工業生産は市場 予想を上回る増加で買い材料となった。

航空宇宙・防衛関連の欧州企業EADSが5年ぶり高値に上昇。配 当引き上げと増益見通しが好感された。フランスの銀行BNPパリバ は3.7%値上がり。同行が保有するクレピエール株の一部をサイモ ン・プロパティー・グループが購入することで合意した。一方、イタリ アの電力最大手のエネルは安い。減配が嫌気された。

ストックス欧州600指数は前日比1.6%高の264.16で終了。 2月3日以降で最大の上げとなった。前日は米民間部門の雇用加速を示 した調査結果を受けて0.6%上昇。年初来では8%の値上がり。欧州 中央銀行(ECB)が銀行システムに1兆ユーロを超える3年物資金を これまで供給しており、信用逼迫(ひっぱく)を緩和するとともに株価 を支えている。

ブルーウィン・ドルフィン・セキュリティーズのチーフストラテジ スト、マイク・レンホフ氏(ロンドン在勤)は「投資家はあまりに長く 続いてきたギリシャ問題と一線を画することができるだろう」と指摘。 「米国発の経済ニュースは非常に前向きな流れとなっている。雇用の全 体的な傾向は芳しい」と付け加えた。

米労働省がこの日公表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整 済み)は、前週から8000件増加して36万2000件。9日には雇用 統計が発表される。

この日の西欧市場では、全18カ国で主要株価指数が上げた。ドイ ツ経済技術省が発表した1月の鉱工業生産指数は前月比1.6%上昇。 昨年12月は2.6%低下(改定前=2.9%低下)と、ここ約3年で最 もきつい下げとなっていた。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト39人の予想中央値は1.1%上昇だった。

EADSは11%値上がりして29.74ユーロと、2006年5月以 来の高値で終了。BNPパリバの終値は37ユーロ。エネルは5.7% 下げて2.87ユーロで引けた。

◎欧州債:イタリア債利回り9カ月ぶり低水準-ECB総裁が改善示唆

8日の欧州債市場ではイタリア国債が上昇し、10年債利回りは9 カ月ぶり低水準となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がソブ リン債危機の最悪期は過ぎたとの認識を示唆したことが手掛かり。

ドイツ国債は3日ぶりに下落。ドラギ総裁は政策決定後の記者会見 で「リスク環境が大きく改善した」と発言。これを受け、域内で最も安 全とされる同国債の需要が後退した。イタリア国債のドイツ国債に対す る利回り上乗せ幅(スプレッド)はここ6カ月で最小となった。ギリシ ャの債務交換に十分な投資家が参加するとの楽観が背景。ECBはこの 日、政策金利を1%で据え置いた。

ウェストLBの債券ストラテジスト、ジョン・デービーズ氏(ロン ドン在勤)は「この日のイタリア国債の利回りは大きく低下した」と述 べ、「ドラギ総裁は最近講じた措置の効果にかなり強気で、現状に満足 しているようだ。ただ、景気見通しでは慎重姿勢を維持しており、それ がドイツ国債を支えた」と説明した。

ロンドン時間午後4時20分現在、イタリア10年債利回りは前日 比13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.81%。 一時は4.75%まで下げ、昨年6月8日以来の低水準を付けた。同国債 (表面利率5%、2022年3月償還)価格はこの日、1上げ101.94。 同年限のドイツ国債に対するスプレッドは16bp縮まり301bp。9 月1日以来の最小となる293bpまで縮小する場面もあった。

ドイツ10年債利回りは前日比3bp上昇の1.8%、2年債利回 りは1bp上げ0.16%。

ギリシャ債務交換

ギリシャの債務交換提案に対して、対象総額の約60%相当の国債 を保有する投資家がこれまでに参加の意向を表明した。ギリシャの大手 銀行と同国の年金基金の大半に加え、仏BNPパリバや独コメルツ銀行 など30社以上の欧州の銀行・保険会社が交換に応じることを明らかに している。

ギリシャ2年債の利回りは13bp低下し246.57%、価格は額面 の17.5%となった。3月20日満期債の価格は12.03ポイント下げ 額面の16.75%と、終値ベースの最低を記録した。

◎英国債:ドイツ債とのスプレッド縮小-中銀は資産購入規模を維持

8日の英国債相場は前日からほぼ変わらずとなったものの、ドイ ツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)が縮小した。

英10年債利回りは2.15%で、前日からほぼ同じ。同年限のドイ ツ国債とのスプレッドは2bp縮小し35bpとなった。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS)が まとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率)はマ イナス0.8%。これに対し米国債はマイナス0.3%、ドイツ国債はプ ラス0.4%となっている。

イングランド銀行(英中央銀行)は金融政策委員会(MPC)でこ の日、資産買い取りプログラムを通じた5月までの購入規模を500億 ポンド(約6兆4500億円)に維持することを決めた。政策金利につ いては0.5%に据え置いた。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Akiko Nishimae 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE