アップルが首位、大手投信の上位組み入れで-シティ

米アップル株は昨年10-12月(第4 四半期)に、投資信託大手50本の組み入れ比率上位10銘柄に含まれる最 多の銘柄となり、ウェルズ・ファーゴを抜いてトップとなった。シティ グループのリポートで明らかになった。ヘッジファンドの組み入れでは アップルのリードが広がった。

シティの米国株担当チーフストラテジスト、トビアス・レブコビッ チ氏は7日付のリポートで、組み入れ上位10銘柄にアップル株を含んだ 投信は上位50本のうち18本。ウェルズ・ファーゴとマイクロソフトは17 本だった。アップル株は第4四半期に6.2%上昇、S&P500種株価指数 は11%上昇した。ウェルズ・ファーゴは14%、マイクロソフトは4.3% それぞれ値上がりした。

レブコビッチ氏は「ヘッジファンドが最も多く組み入れる株式30銘 柄は、テクノロジー関連により強くシフトしている」と指摘。「アップ ル株は、グロース(成長)型とバリュー(割安)型のヘッジファンド、 およびグロース型の投資信託において組み入れが最も多い状況が続いて いる。一方でウェルズ・ファーゴはバリュー型の投資信託で組み入れが 引き続き最大だ」と続けた。

上位10銘柄にアップル株を含んだヘッジファンドは、上位50本のう ち20本と、第3四半期の17本から増加。2位は前回から変わらずのグー グルで、ヘッジファンド12本が保有している。第3四半期は11本。

原題:Apple Bests Wells Fargo as Mutual-Fund Favorite, Citigroup Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE