3月8日の欧州マーケットサマリー:株が大幅高、独鉱工業生産が増加

欧州の為替・株式・債券・商品 相場は次の通り。 (表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3263 1.3149 ドル/円 81.54 81.09 ユーロ/円 108.15 106.63

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 264.16 +4.05 +1.6% 英FT100 5,859.73 +68.32 +1.2% 独DAX 6,834.54 +163.43 +2.4% 仏CAC40 3,478.36 +86.03 +2.5%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .16% +.01 独国債10年物 1.80% +.03 英国債10年物 2.15% +.01

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,690.00 +12.50 +.74% 原油 北海ブレント 125.40 +1.28 +1.03%

◎欧州株式市場

8日の欧州株式相場は続伸。ストックス欧州600指数は1カ月ぶ りの大幅高となった。ギリシャの債務交換に民間投資家が応じる期限は この日のアテネ時間午後10時。ドイツで発表された鉱工業生産は市場 予想を上回る増加で買い材料となった。

航空宇宙・防衛関連の欧州企業EADSが5年ぶり高値に上昇。配 当引き上げと増益見通しが好感された。フランスの銀行BNPパリバ は3.7%値上がり。同行が保有するクレピエール株の一部をサイモ ン・プロパティー・グループが購入することで合意した。一方、イタリ アの電力最大手のエネルは安い。減配が嫌気された。

ストックス欧州600指数は前日比1.6%高の264.16で終了。 2月3日以降で最大の上げとなった。前日は米民間部門の雇用加速を示 した調査結果を受けて0.6%上昇。年初来では8%の値上がり。欧州 中央銀行(ECB)が銀行システムに1兆ユーロを超える3年物資金を これまで供給しており、信用逼迫(ひっぱく)を緩和するとともに株価 を支えている。

ブルーウィン・ドルフィン・セキュリティーズのチーフストラテジ スト、マイク・レンホフ氏(ロンドン在勤)は「投資家はあまりに長く 続いてきたギリシャ問題と一線を画することができるだろう」と指摘。 「米国発の経済ニュースは非常に前向きな流れとなっている。雇用の全 体的な傾向は芳しい」と付け加えた。

米労働省がこの日公表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整 済み)は、前週から8000件増加して36万2000件。9日には雇用 統計が発表される。

この日の西欧市場では、全18カ国で主要株価指数が上げた。ドイ ツ経済技術省が発表した1月の鉱工業生産指数は前月比1.6%上昇。 昨年12月は2.6%低下(改定前=2.9%低下)と、ここ約3年で最 もきつい下げとなっていた。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト39人の予想中央値は1.1%上昇だった。

EADSは11%値上がりして29.74ユーロと、2006年5月以 来の高値で終了。BNPパリバの終値は37ユーロ。エネルは5.7% 下げて2.87ユーロで引けた。

◎欧州債券市場

8日の欧州債市場ではイタリア国債が上昇し、10年債利回りは9 カ月ぶり低水準となった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がソブ リン債危機の最悪期は過ぎたとの認識を示唆したことが手掛かり。

ドイツ国債は3日ぶりに下落。ドラギ総裁は政策決定後の記者会見 で「リスク環境が大きく改善した」と発言。これを受け、域内で最も安 全とされる同国債の需要が後退した。イタリア国債のドイツ国債に対す る利回り上乗せ幅(スプレッド)はここ6カ月で最小となった。ギリシ ャの債務交換に十分な投資家が参加するとの楽観が背景。ECBはこの 日、政策金利を1%で据え置いた。

ウェストLBの債券ストラテジスト、ジョン・デービーズ氏(ロン ドン在勤)は「この日のイタリア国債の利回りは大きく低下した」と述 べ、「ドラギ総裁は最近講じた措置の効果にかなり強気で、現状に満足 しているようだ。ただ、景気見通しでは慎重姿勢を維持しており、それ がドイツ国債を支えた」と説明した。

ロンドン時間午後4時20分現在、イタリア10年債利回りは前日 比13ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の4.81%。 一時は4.75%まで下げ、昨年6月8日以来の低水準を付けた。同国債 (表面利率5%、2022年3月償還)価格はこの日、1上げ101.94。 同年限のドイツ国債に対するスプレッドは16bp縮まり301bp。9 月1日以来の最小となる293bpまで縮小する場面もあった。

ドイツ10年債利回りは前日比3bp上昇の1.8%、2年債利回 りは1bp上げ0.16%。

ギリシャ債務交換

ギリシャの債務交換提案に対して、対象総額の約60%相当の国債 を保有する投資家がこれまでに参加の意向を表明した。ギリシャの大手 銀行と同国の年金基金の大半に加え、仏BNPパリバや独コメルツ銀行 など30社以上の欧州の銀行・保険会社が交換に応じることを明らかに している。

ギリシャ2年債の利回りは13bp低下し246.57%、価格は額面 の17.5%となった。3月20日満期債の価格は12.03ポイント下げ 額面の16.75%と、終値ベースの最低を記録した。

◎英国債市場

8日の英国債相場は前日からほぼ変わらずとなったものの、ドイ ツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)が縮小した。

英10年債利回りは2.15%で、前日からほぼ同じ。同年限のドイ ツ国債とのスプレッドは2bp縮小し35bpとなった。

ブルームバーグと欧州証券アナリスト協会連合会(EFFAS)が まとめた指数によると、英国債の年初来のリターン(投資収益率)はマ イナス0.8%。これに対し米国債はマイナス0.3%、ドイツ国債はプ ラス0.4%となっている。

イングランド銀行(英中央銀行)は金融政策委員会(MPC)でこ の日、資産買い取りプログラムを通じた5月までの購入規模を500億 ポンド(約6兆4500億円)に維持することを決めた。政策金利につ いては0.5%に据え置いた。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 小林 恭子 Kyoko Kobayashi +1-212-617-5230 kkobayashi39@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE