米東部と中西部、来週はセ氏20度台に上昇へ-暖房需要減少か

来週は米国の中西部、およびニュー ヨーク市を含む東部で気温がカ氏70度台(セ氏20度台)に上昇する見通 しだ。一部の地域では暖房用のエネルギー使用が半減する可能性があ る。

コモディティー・ウェザー・グループ(メリーランド州)のマッ ト・ロジャーズ社長は、13-17日の平均気温は平年をカ氏で15度(セ氏 約9度)ほど上回るとの予報を示した。

同社長は顧客向けのリポートで、「この季節外れの温暖な天候によ り、中西部や東部では頻繁に広範囲にわたって70度台となり、特に中西 部の南の地域や中部大西洋沿岸地域では80度まで上昇するだろう」と記 述した。

ウェザー・デリバティブズ(ミズーリ州)のオーナー、デービッ ド・サーモン氏は、暖かいということは住居や事業所の暖房に必要なエ ネルギーが30-50%低下することを意味すると指摘している。

原題:Temperature May Rise to the 70s Next Week in Northeast, Midwest

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE