米マクドナルド:2月の既存店売上高が予想下回る-株価下落

8日の米株式市場で外食産業最大手 の米マクドナルドが下落、一時5カ月ぶりの大幅安となった。2月の既 存店売上高がアナリスト予想に届かなかったことが嫌気された。債務危 機や財政緊縮策の影響で欧州の消費者は支出を切り詰めている。

ニューヨーク時間午前9時51分現在、同社の株価は前日比3%安 の97.18ドル。一時は3.4%安と、日中の下げとしては昨年9月9日以来 の最大となった。

マクドナルドの発表によると、全体での既存店売上高は前年同月 比7.5%増加したが、ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト 7人の予想(8.2%増)は下回った。欧州の売上高は4%増加したが、 アナリスト予想(6.4%増)には及ばなかった。

米国の既存店売上高は11.1%増、アジア太平洋・アフリカ・中東地 域の売上高は2.4%拡大した。アナリスト予想ではそれぞれ8.8%増 と8.2%増だった。

同社は発表資料で欧州について、「一部で見られた厳しい冬の寒さ が2月の地域全体の売り上げに影響した」と説明した。日本の既存店売 上高は1.2%減少し、アジア太平洋・アフリカ・中東地域の業績を押し 下げた。

原題:McDonald’s Falls After February Sales Trail Estimates on Europe (抜粋)

--取材協力:Kevin Orland、Robin Ajello.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE