ドイツ鉱工業生産:1月は前月比1.6%上昇、予想以上-建設好調

ドイツでは1月の鉱工業生産が事前 予想以上に増加した。建設が大きく伸び、昨年12月の落ち込みから持ち 直した。

独経済技術省が8日発表した1月の鉱工業生産指数は前月比1.6% 上昇した。昨年12月は2.6%低下(改定前=2.9%低下)と、ここ約3年 で最もきつい下げとなっていた。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト39 人の予想中央値は1.1%上昇だった。前年同月比(営業 日数調整後)では1.8%上昇した。

北ドイツ州立銀行(ノルトLB)のエコノミスト、イエンス・クラ マー氏(ハノーバー在勤)は「ドイツ経済は堅調で、なおかつ、主要輸 出先であるユーロ圏への依存に伴う影響を相殺できるよう十分に多様化 している」と述べ、「厳冬で来月のデータは悪いだろうが、われわれは 1-3月(第1四半期)のプラス成長を見込んでいる」と続けた。

発表によると、建設は前月比で4.3%伸びた。投資財は3.5%増、エ ネルギーは1.7%増えた。

原題:German Industrial Output Gained More Than Forecast in January (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE