中国銀:NY商業用不動産融資で事業拡大-欧州勢の間隙縫う

中国で最も歴史のある銀行がニュー ヨークの高層ビル向け融資事業を拡大している。債務危機で撤退や事業 縮小を進める欧州勢の間隙を縫った形だ。

不動産ローンデータ提供会社トレップによれば、中国銀行は米不動 産関連の融資残高を2008年から5倍となる26億ドル(約2100億円)に増 やした。同行は先月、ニューヨークのコロンバスサークルにあるホテル 「マンダリン・オリエンタル」の融資借り換えで契約した。

アングロ・アイリッシュ銀行など欧州の金融機関がこの市場から撤 退する中、北京に本店を置く中国国有の中国銀が融資を伸ばしている。 独コメルツ銀行の不動産融資部門は競争を回避しており、仏銀ソシエ テ・ジェネラルは資産を削減している。

世界で最も活発な商業不動産市場で劣勢となりつつあるアイルラン ドとドイツ、フランスなどの銀行は、新たな自己資本比率規制を満たす ためバランスシートの縮小を迫られているほか、信用市場を揺るがして いる欧州債務危機の影響も受けている。ブルームバーグのデータによれ ば、ニューヨークの不動産オーナーは証券化された商業用不動産融 資180億ドル余りの借り換えが今後2年間に必要となる。

リアル・キャピタル・アナリティクスのマネジングディレクター、 ダン・ファスロ氏は、「商業用不動産融資は今、リスク調整後で貸し手 に良好なリターンを提供している。今は貸し出しがバランスシートを助 ける時期だ。国債は何も支払ってくれない」と述べた。

原題:Chinese Replace Europeans Funding New York Properties: Mortgages

--取材協力:Sarah Mulholland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE