バイアグラやパイプカットにも飛び火-米国の中絶規制論争

妊娠中絶を検討する女性に政府が定 める検査の受診を義務付けるなら、性的不能を治療するために「バイア グラ」といった薬の服用を望む男性にも同じ扱いをするのが公平という ものだ-。オハイオ州のニナ・ターナー州上院議員はこう主張してい る。

クリーブランドの民主党員である同議員は、バイアグラなどの医薬 品を処方する前に心臓の負荷検査やセックスセラピストへの照会といっ た特定の措置を講じることを医師に義務付ける法案を提出した。「患者 の症状が精神的な問題だけによるものではない」をことを確認するため だという。

ターナー議員は電話インタビューで、「自身のための決断を下すこ とのできない弱くて傷つきやすい男性がこの種の薬のあらゆる副作用と 影響を理解していることを確実にしたい」と述べた。

共和党は中絶の規制に動いており、ターナー議員に加え、バージニ アやジョージア、ミズーリ州などで民主党の州議員はこれに対抗してい る。

AP通信によれば、ミズーリ州の法案は男性を死亡や深刻な症状か ら守る場合に限ってパイプカット(精管切除)を認めるようにするも の。中絶前に超音波検査の受診義務を課す法案が可決されたバージニア 州では、ジャネット・ハウエル州上院議員(民主)は、性的不能治療薬 を処方する前に医師に直腸検査の実施を義務付けるよう修正を求めた。

バイアグラを製造するのは世界最大の医薬品会社、米ファイザー だ。バイアグラのウェブサイトによれば、こうした薬剤には頭痛や痛み を伴う勃起といった副作用が生じ得る。ファイザーの広報担当ピータ ー・オトゥール氏は特定の法律・法案について同社はコメントしないと している。

原題:Viagra Would Need Sex Therapist’s Approval Under Ohio Bill (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE