フィンランド首相:ユーロ圏財務相会合次期議長に立候補しない

フィンランドのカタイネン首相は、 ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長の後任を目指し ていないことを明らかにした。

カタイネン首相は7日に同国のテレビ局MTV3に対し、「立候補 していない」と述べながらも、次期議長職を提示された場合に引き受け るかとの質問には、その可能性を排除しなかった。

ユンケル現議長(ルクセンブルク首相兼国庫相)の任期は今夏で満 了となる。同議長は3月2日に続投しない考えを示していた。オースト リアのフェクター財務相は5日、次期議長には財務相経験を持つ政府首 脳が妥当だとの見解を示していた。フィンランドはユーロ圏で最上級 「AAA」格付けを持つ4カ国の1つ。カタイネン首相は首相就任前の 4年間財務相を務めていた。

原題:Katainen Denies Seeking to Succeed Juncker as Eurogroup Chief (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE