ムーディーズ:米住宅ローン保証会社の格付け見通し弱含みに

米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスは米住宅ローン保証会社の格付け見通しを「デベロ ッピング(検討中)」から「ネガティブ(弱含み)」に変更した。住宅 所有者のデフォルト(債務不履行)で資金繰りが悪化しているほか、不 動産価格が横ばい水準にとどまっていることを理由に挙げた。

アソシエートマネジングディレクターのスタニスラス・ルイヤー氏 は7日の発表資料で、今回の格付け見通し変更について、「逼迫(ひっ ぱく)した資金状況や、金融危機絡みの損失の最終的な規模をめぐる重 大な不確実性が残っていることなど、住宅ローン保証会社の持続的なパ フォーマンスの弱さを反映している」と説明した。資料では具体的な社 名は挙げていない。

原題:Moody’s Changes Outlook on U.S. Mortgage Insurers to ‘Negative’ (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE