アジア株:4日ぶり上昇-日本経済や米雇用市場の改善を好感

8日午前のアジア株式相場は上昇。 日本の昨年10-12月期の実質国内総生産(GDP)が上方修正されたほ か、米雇用市場の改善、ギリシャ債務交換で投資家の参加が拡大してい ることが好感され、指標のMSCIアジア太平洋指数は4日ぶりに値上 がりしている。

トヨタ自動車が上昇。三菱UFJフィナンシャル・グループも上げ ている。米連邦準備制度理事会(FRB)が新たな債券購入プログラム を検討していると報じられ、米銀行株が上昇したことが好感された。オ ーストラリアの資源会社BHPビリトンは、原油相場上昇を手掛かり に0.7%上げている。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時33分現在、前日 比0.6%高の125.18。騰落銘柄比率は下落1に対し上昇が約4。指数を 構成する10業種のうち7業種が上げている。

原題:Asian Stocks Snap Three-day Retreat on Japan Economy, U.S. Jobs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE