エールフランス・KLM:11年は870億円の赤字-燃料高が響く

欧州最大の航空会社、エールフラン ス・KLMグループの2011年通期決算は、景気低迷や燃料高が響き赤字 となった。同社は今年1-6月(上期)業績について、一段と悪化する との見通しを示している。

同社の決算資料によると、11年通期の純損益は8億900万ユーロ (約870億円)の赤字。前年は2億8900万ユーロの黒字(プロフォーマ ベース)だった。ブルームバーグがまとめたアナリスト12人の予想で は、6億6900万ユーロの赤字と見込まれていた。売上高は4.5%増の244 億ユーロ。同社は11年に決算期末を3月から12月に変更した。

同社は今期について、経済の先行き不透明感や燃料価格の記録的水 準での高止まりを受け、1-6月期の営業成績は「前年実績を大きく下 回る」との見通しを示した。燃料コストは11億ユーロ増加する可能性が あるとみている。

原題:Air France Posts $1.06 Billion Loss on Fuel Bill, Fare Pinch (2)(抜粋)

--取材協力:Andrea Rothman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE