バイエル:ファイザーのアニマルヘルス部門買収も-関係者

ドイツの医薬品最大手バイエルは同 業の米ファイザーのアニマルヘルス部門への買収提案を検討しており、 銀行と資金調達策を協議している。計画に詳しい複数の関係者が明らか にした。

手続きが社外秘であることを理由に関係者が匿名で語ったところで は、バイエルの提案検討は初期の段階で、最終的には提案見送りを決定 する可能性もある。調査会社レーリンク・スワンによれば、ファイザー のアニマルヘルス事業の売却額は140億-180億ドル(約1兆1400億-1 兆4600億円)が見込まれているという。欧州2位の製薬会社、スイスの ノバルティスが同事業に関心を示すこともあり得ると、事情に詳しい関 係者は話している。

今回の買収提案が実現すれば、バイエルにとって、ここ3年で2回 目の動物用医薬品事業拡大に向けた大きな試みとなる。ファイザーは昨 年7月以来、アニマルヘルス部門の全部ないし一部売却か、スピンオフ (分離・独立)を検討している。同社が1月31日に明らかにしたところ では、年内に決定する方針だという。

バイエルの広報担当クリスチャン・ハルテル氏とノバルティスの広 報担当ベス・カリトリ氏は市場の憶測に関するコメントを控えた。ファ イザーの広報担当者は、スピンオフか売却かはまだ決まっていないと述 べた。

原題:Bayer Said to Consider Offer for Pfizer Animal-Health Unit (1) (抜粋)

--取材協力:Drew Armstrong、Matthew Campbell、Simeon Bennett、Naomi Kresge、Chris V. Nicholson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE