NY原油:反発、欧州経済を楽観-ギリシャ債務交換が前進

ニューヨーク原油先物相場は反発。 ギリシャの債務交換に参加を表明する債券保有者が増えたことから、同 国がデフォルト(債務不履行)に陥るとの懸念が和らぎ、欧州経済が回 復するとの楽観が強まった。

ギリシャの債務交換提案に対して、対象総額の58%相当の国債を保 有する投資家がこれまでに参加の意向を表明した。米エネルギー省の統 計によると、先週の原油在庫は増加した一方、ガソリンとディーゼル、 ヒーティングオイル(暖房油)はいずれも減少した。

エネルギー関連の商品に重点を置くヘッジファンド、アゲイン・キ ャピタル(ニューヨーク)のパートナー、ジョン・キルダフ氏は、「ギ リシャの債務交換が実現しそうなため、相場はじりじりと上昇してい る」と指摘。「ギリシャがデフォルトに陥っていたら、想像できないほ ど破壊的な出来事が発生していただろう。センチメントが回復し、経済 成長への期待が広がっている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物4月限は前日 比1.46ドル(1.39%)高の1バレル=106.16ドルで終了。年初から は7.4%値上がりしている。

原題:Oil Rises as Greek Debt Swap Bolsters European Economic Optimism

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE