NY金:反発、ギリシャ債務交換への楽観や米民間雇用者増で

ニューヨーク金先物相場は反発。ギ リシャが債務危機を乗り越えられるとの楽観が再び強まったことや、米 民間雇用者数の増加が手掛かり。前日は一時5週間ぶりの安値を付けて いた。

ギリシャの債務交換提案に対して、対象総額の58%相当の国債を保 有する投資家がこれまでに参加の意向を表明した。給与明細書作成代行 会社ADPエンプロイヤー・サービシズの発表によると、2月の雇用者 数は21万6000人増加した。金は前日、一時1663.40ドルと1月25日以来 の安値となった。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「経済についてやや明るい ニュースが出てきており、それが金を支えている」と指摘。「大きく下 げた後とあり、再び買いを入れる動きもある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物4 月限は前日比0.7%高の1オンス=1683.90ドルで終了。前日までの3営 業日では2.9%値下がりしていた。

原題:Gold Futures Rebound From Five-Week Low on Optimism for Greece

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE