裁定買い残8週連続増、週間増加幅は昨年2月来多さ-東証2日時点

東京証券取引所が7日に発表した前 週末2日時点のプログラム売買にかかわる現物株式の売買状況による と、裁定取引に関連した現物株買いのポジションは当月限、翌月限以 降の合計で前の週に比べ2600億円増え、1兆7667億円となった。増 加は8週連続、増加額は昨年2月18日時点以来、約1年ぶりの大きさ。

2月5週の日経平均株価は、週間で1.3%高の9777円と4週連続 で上昇した。為替の落ち着き、世界的に潤沢な資金供給を受け相場の 先高期待が強い中、先物が主導した上昇局面で裁定買い残を積み上げ る動きが活発化した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE