仏ソシエテとゼネラリ保険、ギリシャ6大銀も債務交換参加へ

ギリシャ第2次支援の柱の一つであ る債務スワップにフランス2位の銀行ソシエテ・ジェネラルとイタリア のゼネラリ保険、ウニクレディトが参加を表明した。ギリシャはスワッ プに応じない投資家に参加を強制する集団行動条項(CAC)の発動も 辞さない構えだ。

民間債権者が保有するギリシャ国債2060億ユーロ(約21兆8300億円) 相当について53.5%の減免を求める債務スワップは、受け入れの期限が 8日に迫っている。

イタリア保険最大手のゼネラリ保険のギリシャ国債保有額は額面で 約29億5000万ユーロ、ウニクレディトは5億4000万ユーロ(いずれも昨 年9月末時点)。ソシエテ・ジェネラルは昨年末時点で10億6000万ユー ロを保有する。いずれの金融機関も広報担当者が債務スワップへの参加 を確認した。

ギリシャ財務省の6日の発表によれば、同国の6大銀行も債務交換 に応じる方針。ブルームバーグのデータによると、これらの銀行は民間 最大の国債保有者の一つに数えられ、その参加は債務スワップの成否を 左右する重大な意味を持つ。

ギリシャ6大銀行も参加

財務省によれば、かねてから参加の意向を示していたギリシャ・ナ ショナル銀行とアルファ銀行、EFGユーロバンク・エルガシアスに加 えて、ピレウス銀行とギリシャ農業銀行、へレニック・ポストバンクも 債務スワップに加わる。

金融業界を代表する国際金融協会 (IIF)の運営委員会のメン バーのうち、仏銀BNPパリバとドイツ銀行、コメルツ銀行を含む12の 金融機関は5日、債務スワップに応じる方針を明らかにした。ブルーム バーグが公表された資料などを基にまとめたデータによれば、これらの 金融機関の国債保有額は少なくとも額面で400億ユーロ相当に上る。

原題:SocGen Joins Generali Taking Part in Greece’s Debt Swap Offer

--取材協力:Aaron Kirchfeld、Oliver Suess、Elisa Martinuzzi、Maud van Gaal、Maria Petrakis、Marcus Bensasson、Natalie Weeks、Rebecca Christie、Anabela Reis、Caroline Connan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE