米デルタ航空:11年の日本-北米間の旅客輸送許容量は前年比20%増

米デルタ航空のアジア太平洋地区担 当のヴィネイ・デューベ上級副社長は7日、都内で開催した戦略説明会 議で、2011年の日本と北米間の旅客輸送許容量は前年比20%増だった と明らかにした。ロードファクターもほぼ20%に近い伸びの水準だった としている。

同社は12年以降、太平洋路線を最重要路線のひとつと位置付けてい るとした上で、今後も日本でのシェアを維持するつもりだとして、日本 とアジアでは業種にこだわらず、様々な企業との協業範囲を拡大するな どとした戦略方針を示した。

スカイマークとの提携については、現時点では発表できるようなも のは何もないと答えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE