EU、レポ取引の担保要件と監視ルールを厳格化も

欧州連合(EU)の規制当局はレポ 取引が維持不可能な債務水準につながりかねず、市場の安定を脅かす恐 れがあるとして、この取引の担保要件を厳格化する可能性がある。

ブルームバーグ・ニュースが入手した文書によれば、EUの行政執 行機関である欧州委員会は通常の銀行システムの枠外で行われている高 リスクの金融活動を制限する提案の一環としてこの措置を検討してい る。バルニエ欧州委員(域内市場・金融サービス担当)が来週、同計画 を公表する予定。

同文書では、投資家が証券を売却してそれを将来の指定された日に 一定の価格で買い戻すことに同意する契約であるレポ取引を「中心的な 問題」だとしている。EUは世界の規制当局と連携し、「担保管理など を含め、管轄区域間で規制の隔たりや矛盾」の有無を確認している。

レポ取引は、過剰なリスクテークの取り締まりを回避するために利 用されている恐れがあるとして20カ国・地域(G20)が注視する複数の シャドーバンキング(影の銀行)取引の1つ。

原題:EU May Seek Tougher Collateral, Oversight Rules for Repos (1)(抜粋) (抜粋)

--取材協力:Ben Moshinsky.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE