ブラジル大統領、独首相との会談でユーロ安への対抗措置示唆

ドイツのメルケル首相は、ブラジル のルセフ大統領との5日の会談でユーロについて協議したことを明らか にした。同大統領は、欧州と米国の「人為的な通貨切り下げ」がブラジ ル経済に打撃を与えるのを回避する措置を講じる可能性があると警告し た。

メルケル首相は6日、ドイツのハノーバーで記者団に対し、「われ われは昨夜、世界の全般的な経済情勢やユーロ情勢、世界的不均衡を回 避する義務について極めて幅広く議論した」と述べた上で、「ブラジル の経済発展は、ユーロ圏で現在起きていることと密接に関係している」 と説明した。国際通貨基金(IMF)への資金拠出拡大については議論 しなかったとした。

ルセフ大統領は、ブラジルがどのような措置を講じ得るかについて は言及を避けたものの、世界貿易機関(WTO)のルールに違反するも のにはならないと強調した。

原題:Rousseff Warns of ‘Measures’ in Euro Talks With Merkel (Correct)

--取材協力:Henrique Almeida、Raymond Colitt.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE