英国債:上昇、10年債利回り2.13%-経済統計で景気懸念

6日の英国債相場は上昇。英経済 統計で2月の小売売上高と住宅価格が下落したことから、景気回復が足 踏みしつつあるとの懸念が強まった。

英国小売協会(BRC)の6日発表によると、2月の既存店売上高 は前年同月比0.3%減少した。ロイズ・バンキング・グループの住宅金 融部門ハリファクスによれば、2月の住宅価格は前月比0.5%下落。ブ ルームバーグがまとめたアナリスト13人の調査中央値では0.3%上昇が 見込まれていた。

インベステック・バンクのアナリスト、ブライアン・バリー氏は、 「ここ数日に発表された経済データが予想よりも弱い内容だったことか ら、リスク市場の追い風が若干弱まった」と述べ、「投資家が取引を手 控えるのはもっともなことだ」と説明した。

ロンドン時間午後4時現在、10年債利回りは前日比6ベーシスポイ ント(bp、1bp=0.01%)低下の2.13%。同国債(表面利率 4%、2022年3月償還)価格は0.565上げ116.775。2年債利回りは2b p低下し0.43%となった。

原題: Gilts Rise While Pound Falls as Retail Sales Drop a Second Month (抜粋)

--取材協力:Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE