自動車各社、欧州の低迷深刻化に備え対応-提携や生産調整

米フォード・モーターや独BMW、 日本のトヨタ自動車など自動車メーカー各社は、欧州市場でのさらなる 販売低迷に備え対応を進めている。各社の1月の欧州自動車販売は、自 社予想の下限だった。

トヨタの欧州部門責任者、ディディエ・ルロワ氏はジュネーブ国際 自動車ショーで記者団に対し、「欧州市場は非常に厳しい」と述べた上 で、「市場環境という点から言えば、今年初めは数カ月前に計画してい たよりもさらに悪化している」と続けた。

ソブリン債危機の影響で個人消費が落ち込む中、トヨタとBMWは 今年の欧州販売について約5%減と、5年連続での落ち込みを予想して いる。欧州自動車工業会(ACEA)によれば、1月の販売台数 は6.6%減の100万台で、減少ペースは11年の1.4%から加速した。

欧州事業が昨年7億4700万ドル(約604億円)の赤字となった米ゼ ネラル・モーターズ(GM)は先週、欧州事業の活性化を目指し仏プジ ョーシトロエングループ(PSA)と提携すると発表した。米クライス ラーグループを傘下に収めるイタリアのフィアットは、セルジオ・マル キオンネ最高経営責任者(CEO)が6日、スズキおよびマツダと協議 を継続していることを明らかにした。またBMWは、高級車販売がより 明るい北米市場で提携を目指している。

BMWとGM

フォードの欧州部門トップ、スティーブン・オデール氏は5日遅く に、在庫削減のため生産をストップする日を設けることを明らかにし た。同社は今年の欧州事業が最大6億ドルの赤字になると見込んでい る。

同氏は「明らかに、需要はわれわれの予想の下限もしくは下限を下 回っている」とし、「正直なところ、予測はほぼ不可能だ」と続けた。

米メーカーとの提携を目指すBMWは6日、さまざまな分野につい てGMと協議を進めていることを明らかにした。その上で、GMとプジ ョーの提携により、ハイブリッド技術や小型車「ミニ」向けエンジンを めぐるBMWとプジョーの提携にリスクが生じることはないと付け加え た。GMのスティーブン・ガースキー副会長はこの日、BMWとの協議 についてはコメントを避けた。

BMWのノルベルト・ライトホッファCEOは「欧州市場は苦しい 戦いになる」と述べた。

原題:Automakers Prepare for Deepening Decline in European Market (1)

--取材協力:Alex Webb.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE