三菱商事:ドイツ海底送電事業に出資へ-蘭テネットと合意

三菱商事はドイツの海底送電事業2 件に出資することで、オランダ国営送電事業者テネット・ホールディン グと合意した。このプロジェクトはドイツの北海沖にある風力発電地帯 と陸上の送電網とを接続する。

テネットが6日、ウェブサイト上で発表した資料によると、同事業 権の過半数は同社が保持する。「ヘルウィン2」と「ドルウィン2」プ ロジェクトの送電量は計1.59ギガワット、必要な投資規模は計17億ユー ロ。さらに第3者からの出資が約3億4000万ユーロ見込まれている。2 件のプロジェクトは2015年に完了の予定で、150万世帯への電力供給が 可能になる。

三菱商事は先月、同じくドイツの海底送電事業「ボーウィン1」と 「ボーウィン2」の事業権49%を計2億4000万ユーロで取得することで テネットと合意した。

原題:Mitsubishi to Buy Shares in Tennet German Wind Power Connections

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE