EFSF入札、日本は34.4億ユーロ中4.7%購入―財務省当局者

日本政府は6日、ユーロ圏の救済基 金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)の入札で、発行額 の4.7%に相当する1億6000万ユーロ(約170億円)を購入した。財務省 当局者が同省の方針として匿名で明らかにした。

EFSFは証券34億4000万ユーロ相当を発行した。予定発行額の上 限は35億ユーロだった。

政府によると、日本は昨年1月以来発行されたEFSF債のほ ぼ14%を購入している。先月メキシコ市で開催された 20カ国・地域 (G20)の財務相・中央銀行総裁会議で安住淳財務相は協力を続けたい と述べていた。

ギリシャは同国国債保有者に債務交換を提案している。期限の8日 までに十分な保有者が応じない場合は集団行動条項の発動も辞さないと ベニゼロス財務相は5日ブルームバーグテレビジョンとのインタビュー で語った。

EFSFのスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)による格付 けは「AA+」。日本は2月21日の入札では19億9000万ユーロ中5%程 度に相当する1億ユーロを購入していた。

原題:Japan Bought 4.7% of EFSF Debt Sold Today, Finance Official Says

--取材協力:James Mayger.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE