香港株式相場は下落。米国の製造業 受注額が減少する中、ハンセン指数はほぼ3カ月ぶりの大幅安となっ た。

生命保険会社AIAグループ(1299 HK)は8.4%安。親会社のアメ リカン・インターナショナル・グループ(AIG)がAIA株をディス カウントで売却したことが響いた。

米ウォルマート・ストアーズに衣料や玩具を納入するリー・アン ド・フォン(利豊、494 HK)は1.6%下落。世界最大の銀行、中国工商 銀行(1398 HK)は3.8%値下がりした。米ゴールドマン・サックス・グ ループが保有する工商銀株を「大量」に売却する可能性があると香港英 字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が報じたことが 嫌気された。

電動工具メーカーのテクトロニック・インダストリーズ(創科実 業、669 HK)や自動車メーカーの吉利汽車(175 HK)も売られた。

ハンセン指数は前日比459.06ポイント(2.2%)安の20806.25で終 了。下落率は昨年12月9日以来の大きさとなった。ハンセン中国企業株 (H株)指数は前日比3.1%安の11119.17で引けた。ブルームバーグの データによると、香港証券取引所の売買高は2010年11月以来の高水準。

ベアリング・アセット・マネジメント(アジア)で域内のマルチア セット戦略責任者を務めるキエム・ドゥ氏は「市場は過去数カ月にわた る上昇分を消化しつつある」とした上で、「中国は減速している。米国 は成長しているが緩やかなペースだ」と語った。

原題:Hong Kong Stocks Drop Most Since December as Volume Jumps on AIA(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE