アップルiPadのライバル、市場シェアは5%以下-フォレスター

タブレット型端末市場では、米アッ プルのライバルとなる米グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイ ド」を採用する各社のシェアがいずれも5%以下にとどまっていると、 フォレスター・リサーチが6日発表したリポートで指摘した。

フォレスターのアナリスト、サラ・エップス氏はリポートで、タブ レット型端末市場ではアップルが73%のシェアを握る一方、韓国のサム スン電子やソニー、東芝など市場に切り込むようなサービスを持たない メーカーのシェアは漸進的な改善にとどまっていると解説した。

エップス氏によると、アンドロイド搭載端末は一貫性のないブラン ディングにもかかわらず、アップルの「iPad(アイパッド)」と同 じ価格帯で販売されている。このため割安感などを理由に米アマゾン・ ドット・コムの電子書籍端末「キンドル・ファイア」や米バーンズ・ア ンド・ノーブルの「ヌック」が2番手を争う可能性があると同氏はみて いる。

同氏は5日の電話インタビューで、「タブレット型端末はサービス にかかっている」と述べた上で、「アマゾンはそこで成功し、他のメー カーは失敗した」と語った。

フォレスターが調査を実施した昨年9月時点では、同市場のシェア 2位には6%で米ヒューレット・パッカードがつけていた。これにサム スン電子(5%)、米モトローラ・モビリティ・ホールディングス (4%)、台湾の宏碁(エイサー、3%)が続いていた。

原題:Apple IPad Rivals Don’t Hold More Than 5% Share, Forrester Says(抜粋)

--取材協力:Adam Satariano.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE