証券監視委:オリンパス旧経営者らを虚偽記載で刑事告発-損失隠し

証券取引等監視委員会は6日午後、 損失隠しが発覚したオリンパスとその旧経営者らを有価証券報告書の 虚偽記載(金融商品取引法違反)容疑で東京地検に刑事告発したと発表 した。金商法によると、虚偽記載を犯した場合の刑罰は、法人で7億円 以下の罰金、個人は10年以下の懲役または1000万円以下の罰金。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。

あわせて読みたい: