香港の曽行政長官、当局の調査中は停職処分が妥当-SCMP

香港の曽蔭権(ドナルド・ツァン) 行政長官は、大物実業家との旅行について当局が調査を行っている間は 停職処分が妥当だ-。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト (SCMP)が世論調査を基に報じた。

同紙の委託で香港大学が実施した調査によると、回答者523人の 約43%が曽行政長官は停職処分となるべきだと答えた。同紙によれば、 即時辞任すべきだとの回答はわずか9%にとどまった。

同行政長官に対する弾劾手続きを開始すべきかとの質問に対する回 答は二分したと同紙は伝えた。

原題:Hong Kong’s Tsang Should Be Suspended, Poll Shows (Correct)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE