米AIGに自社株買い戻しの余地、AIA株売却で

米政府の救済を受けた保険会社アメ リカン・インターナショナル・グループ(AIG)は、傘下のAIAグ ループの株式売却により、政府からの自社株買い戻しの機会があれば、 柔軟に対応できるようになる。サンフォード・C・バーンスティーンの アナリストが指摘した。

AIGは6日の発表資料で、香港を拠点とする生命保険会社AIA の株式17億2000万株を1株当たり27.15香港ドルで売却する計画を明ら かにし、この売却で60億米ドル(約4900億円)を得ると見込んでいると 説明した。売却で得た資金は米財務省に対する債務の圧縮に充てる。

AIGのロバート・ベンモシュ最高経営責任者(CEO、67)は米 財務省の持ち株比率を引き下げたい考え。米政府の救済を受け入れたこ とで民間投資家の持ち分が希薄化したことから、株主資本利益率 (ROE)の改善に取り組んでいる。米政府はAIGが2013年5月まで に政府に対する債務を一部返済しない場合、同社に資産売却を強制する 権利を有する。

バーンスティーンのアナリスト、ジョッシュ・スターリング氏は5 日の電話インタビューで、AIGがAIA株売却から得る資金は「自社 株を最終的に政府から買い戻すことを可能にするかもしれない」と述 べ、自社株買いが米財務省による株売却と同時に行われる可能性もある と予想した。

AIGの広報担当、マーク・ハー氏と財務相のマシュー・アンダー ソン報道官はコメントを控えた。

原題:AIG Gains Buyback Flexibility With AIA Sale, Bernstein Says (1) (抜粋)

--取材協力:Bei Hu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE