野田首相:消費増税、小泉流の「抵抗勢力切り」手法は取らぬ-答弁

野田佳彦首相は6日午前の衆院予 算委員会で、消費税増税を柱とする社会保障・税一体改革の関連法案 を成立させるために、郵政民営化に反対した議員を選挙で公認しない など小泉純一郎元首相流の「抵抗勢力切り」の手法は取らない考えを 示した。自民党の野田毅氏(党税調会長)への答弁。

首相は「小泉さんのように抵抗勢力をつくって物事を進めるとい うやり方は今回のテーマはふさわしいと思っていない」と指摘。その 上で、「どうやって共通理解に持っていくかというのが今回問われてい る。抵抗勢力をつくっていくやり方は取りたいとは思っていない」と 述べ、民主党内の合意形成に努力する考えを強調した。

自民党の野田氏が「小泉さんのときはあえて反対派を切った。ど うしてもあなたに従えない方々が大量にあるなら、そういう方々と袂 (たもと)を分かってそれでも突き進むという腹構えがあるのか」と 促したのに対し首相が答えた。同氏は「本気でやるなら、われわれだ って本気でお付き合いする」とも述べた。

民主党内では小沢一郎元代表らが増税に反対する姿勢を示してい る。自民党の野田氏は小沢氏が率いていた自由党で幹事長などを務め たが、その後、袂を分かった経験がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE