ロシア:都市部エリート層の怒り、新大統領待ち受ける試練に

ロシアのプーチン首相は、不正疑惑 の中、大統領選で勝利し、任期6年の大統領の座を手に入れた。しか し、プーチン政権下で成功を収めた都市部の中流階級の間では不満が高 まっている。

電力網の設計を手掛ける企業を運営するオレグ・エルモラエフさん (34)は大統領選挙が行われた4日、モスクワでプーチン氏に反対票を 投じた。「われわれの社会に将来はない」と語る。ロシアでは昨年12月 4日に実施された下院選挙での不正疑惑をきっかけに各地でデモが発生 し数万人が参加した。エルモラエフさんも参加者の一人だ。今回は資産 家のミハイル・プロホロフ氏に投票した。

エルモラエフさんは高学歴で、プーチン氏が最初に政権を握っ た1999年以降、実質所得は1年当たり12%増加している。プーチン氏は 今回の大統領選出馬に当たり若干譲歩したものの、中流階級は政治的制 約の緩和と汚職対策の強化を求めている。非政府組織(NGO)のトラ ンスペアレンシー・インターナショナルによると、ロシアは主要国の中 で最も汚職がはびこっている。

戦略研究センターの責任者、ミハイル・ドミトリエフ氏によると、 プーチン氏にとってのリスクは、都市部エリート層の支持を徐々に失う と予想されることだ。米会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(E& Y)の推計によると、都市部の住民がロシアの購買力の85%を占める。

ドミトリエフ氏は「中流階級が既存の政治システムから逸脱してい る兆しがある」と指摘する。

大統領選挙の結果が発表された後、ロシアの株価は上昇し、投資家 の見通しが反プーチン派とは異なっていることが示唆された。 MICEX指数は7カ月ぶりの高値を付け、ルーブルは4営業日続伸し た。

原題:Putin Grapples With Urban Russia’s Ire as Third Term Challenge

--取材協力:Jake Rudnitsky.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE