日本株続落、中国減速懸念し海運や鉄鋼、機械中心売り-円安一服も

東京株式相場は続落。中国経済の成 長鈍化が懸念される中、香港や中国株が下落基調を強めたことも嫌気 され、海運や鉄鋼、機械など同国経済との関係が深い業種が売られた。 対ドルやユーロでの円安の動きが一服し、電機や自動車など輸出関連 株も安い。

TOPIXの終値は前日比5.51ポイント(0.7%)安の827.35、 日経平均株価は同60円96銭(0.6%)安の9637円63銭。

みずほ投信投資顧問の岡本佳久執行役員は、「世界経済をけん引す る中国が成長率目標を引き下げた影響がじわり広がっている」と指摘。 市場では、同国のことしの国内総生産(GDP)成長率目標は8%を 超すと想定されていただけに、中国依存の高い業種には「失望売りが 出ている」と見ていた。

中国の温家宝首相は5日、同国の2012年の国内総生産(GDP) 成長率目標を7.5%と、04年以降で最低の水準に設定することを明ら かにした。また、中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策委員会の李稲葵 委員は6日、北京で記者団に、ことしの中国のインフレ率が3%前後 となる可能性があると語った。昨年は5.4%で、ことし1月の同国消 費者物価指数(CPI)は前年同月比4.5%上昇だった。

中国懸念を背景に、東証1部業種別指数では海運、鉄鋼が下落率 1、2位に並び、連日の下落。機械、卸売、非鉄金属など中国経済に 敏感な業種も軒並み下げた。海運、鉄鋼は2月月間の上昇率2位、5 位の業種で、同期間のTOPIXの11%高を上回るパフォーマンスだ った反動もあり、売り対象になりやすい面もある。

半導体関連も軟調、指数は午後弱含む

6日の東京外国為替市場では1ドル=81円台前半、1ユーロ= 107円台前半までじりじりと円高が進行。2月以降の円安基調で高ま った輸出関連企業の業績回復期待が後退し、東証1部売買代金上位で はホンダや東芝、ファナック、コマツ、キヤノンなどが安い。

東京エレクトロンやアドバンテスト、THK、ディスコといった 製造装置メーカーを中心に半導体関連株も軟調。米国半導体工業会(S IA)が5日に発表した1月の世界半導体売上高は前月比2.7%減と なった。これを受け、米半導体株の指標となるフィラデルフィア半導 体SOX指数は2.6%安とことし最大の下げを記録、日本の関連銘柄 にも業績動向を懸念する売りが優勢だった。

朝方はTOPIX、日経平均がともに小高く始まり、もみ合いの 後、午前10時すぎから下落基調となった。香港や上海などアジア株式 相場の下落も投資家心理に悪影響を及ぼし、午後には日経平均が下げ 幅を100円近くにまで拡大。ただ、取引終了にかけては下げ渋った。 みずほ投信の岡本氏によると、昨日、きょうと相場は調整色を強めつ つあるが、「日本株を売った後に他の市場に資金が逃げるとは現状考え づらく、調整は一過性の可能性が高い」との見方を示唆。今のところ、 過熱感を冷ます「健全なスピード調整の範囲内」と受け止めていた。

期末やSQ接近事情、原油高懸念も

岡三証券の船津典彦投資戦略部長は、「3月期末が近づき、配当狙 いの買いが入る半面、国内機関投資家の売り圧力もあり、相場は上下 どちらか一方に傾きにくくなっている」と言う。また、今週末には株 価指数先物・オプション3月限の特別清算値(SQ)算出も控え、「先 物への仕掛け売買に対する警戒感も、投資家を動きづらくさせている」 と見ている。

また船津氏は、「米国の経済指標は着実に良くなってきているが、 原油価格の上昇が気掛かり」とも指摘。原油高騰によるガソリン高が 米個人消費に悪影響し、「米経済の回復に水を差す可能性もあり、最近 の米株の上値の重さはそれが意識されている」とした。米供給管理協 会(ISM)が5日に発表した2月の非製造業景況指数は57.3と、前 月の56.8から上昇したが、同日の米S&P500種株価指数は前週末比

0.4%安の1364.33と続落した。

橋梁・道路関連は急騰

東証1部33業種では21業種が下落。半面、パルプ・紙や電気・ ガス、建設、医薬品、陸運など12業種は高い。東証1部の売買高は概 算で25億873万株、売買代金は1兆4142億円、値下がり銘柄数は860、 値上がりは657。

個別では、首都高速道路の大規模修繕観測が6日付の日本経済新 聞朝刊をきっかけに広がり、日本橋梁やピーエス三菱、高田機工、日 本道路など中低位の橋梁・道路関連銘柄が軒並み急騰した。

国内新興市場では、ジャスダック指数が0.2%安の51.61、東証マ ザーズ指数は0.2%安の383.60とともに3営業日ぶりの反落。

-- Editor:Shintaro Inkyo

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 河野敏 Satoshi Kawano +81-3-3201-2483 skawano1@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Nick Gentle +852-2977-6545 ngentle2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE