中国人民銀の周総裁:元の取引バンド拡大を検討-新華社通信

中国は人民元の取引バンド(許容変 動幅)を適切に拡大し、市場の供給と需要をより良く反映させることを 検討している。国営新華社通信が中国人民銀行(中央銀行)の周小川総 裁を引用して報じた。

新華社によれば周総裁は、人民元は変動相場に近づくために必要な 条件を徐々に満たしてきたと指摘。その上で、中国が産業構造の改善や 貿易黒字の段階的な縮小を進めるなか、元は「均衡が取れた水準にかな り近づきつつある」との認識を示した。元は2005年7月のペッグ(連 動)制廃止後、32%上昇している。

同総裁は全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で新華社の取材 に応じ、「人民元相場は変動幅を広げるのに必要な条件を徐々に満たし てきている」として、「人民銀は元の日々の取引バンド拡大を検討して いる」と述べた。

人民銀が前回、元の対ドルでの変動幅を拡大したのは2007年5月 で、中心レートの上下0.3%から0.5%に変更した。同行の報道室に営業 時間外に電話したが、応答はなかった。

ロンドンのアビバ・インベスターズで約40億ドル相当の新興市場債 の運用に携わるジェレミー・ブルウィン氏は、人民元相場の管理が緩め られる公算が示されたことについて、政策当局者が元高抑制につながる ドル購入を減らす可能性を示唆していると分析。経常収支からみて、元 が今では均衡水準に近づいているからだと説明した。

同氏は元相場の一段の柔軟性を認めることは中国にとって「自国の 利益」になるとの見方を示した。

原題:China Considers Expanding Yuan’s Trading Band, Xinhua Says (1) (抜粋)

--取材協力:Belinda Cao、Judy Chen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE