グレンコア:株主の買収価格引き上げ要求の理由、「分からない」

商品取引会社グレンコア・インター ナショナルのアイバン・グラゼンバーグ最高経営責任者(CEO)は、 同社がスイスの資源大手エクストラータを株式交換により約230億ポン ド(約3兆円)で買収することで合意した件について、「適正価格だ」 と述べ、価格の引き上げを求める一部投資家の要求をはねつけた。

グラゼンバーグCEO(55)は5日、グレンコアの決算発表後のイ ンタビューで、この件については「長期間にわたって交渉が進められ、 エクストラータのCEOと取締役会が全会一致で受諾したのだから、こ れが適正価格だ」と指摘。「人々がなぜ協議された額より高いプレミア ムの支払いを期待するのかよく分からない」と述べた。

2月7日の発表によると、グレンコアはエクストラータの未保有株 1株に対し新株2.8株を支払うことで合意した。シュローダーズやフィ デリティ・ワールドワイド・インベストメント、スタンダード・ライフ などエクストラータの株主が価格の引き上げを求めている。この合併に より、世界4位の鉱山会社が誕生する見込み。

グラゼンバーグCEOは「対等合併の大半は同様の比率で実施され ている」と指摘した上で、エクストラータの株主の一部が価格の引き上 げを求めることは予想していたと述べた。同CEOはグレンコアの株式 の15.8%を保有する筆頭株主。エクストラータのミック・デービス CEOが合併後の企業のCEOに、グラゼンバーグ氏が副CEOに就任 する予定。

原題:Glencore CEO a ‘Little Lost’ at Calls for Higher Xstrata Bid (2)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE