香港株(終了):下落-中国が経済成長率目標引き下げ

香港株式相場は下落。中国政府が今 年の経済成長率目標を2004年以来の低水準とする中、ハンセン指数は1 週間ぶりの安値で引けた。

時価総額で世界最大の銀行、中国工商銀行(1398 HK)は2.7%安。 中国建設銀行(939 HK)も下げた。著名資産家ウォーレン・バフェット 氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが出資する中国の 自動車メーカー、比亜迪(BYD、1211 HK)は4%値下がり。華晨中 国汽車(1114 HK)も売られた。景気減速に伴い中国の自動車需要が減 少するとの見方が広がった。

石油会社のペトロチャイナ(中国石油、857 HK)は2.7%安。製油 事業の昨年の損失額が予想を上回ったとの同社会長の発言が響いた。

ハンセン指数は前週末比296.95ポイント(1.4%)安の21265.31 と、先月27日以来の安値で終了。ハンセン中国企業株(H株)指数 は2.3%安の11470.70で引けた。

ラッセル・インベストメント・グループのアジア太平洋地域担当チ ーフ投資ストラテジスト、アンドルー・ピース氏(シドニー在勤)は、 欧州金融危機のリスクは後退したとしながらも、「欧州はなお大掛かり なリセッション(景気後退)に向かっている。中国にとって最大の輸出 市場であり、これが上昇相場の持続をめぐる楽観的な見方を抑える」と 語った。

原題:Hong Kong Stocks Decline as China Sees Slowest Growth Since 2004(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE