財務相:日銀の追加緩和策は市場に良いインパクト-内需も堅調

安住淳財務相は5日午後の衆院予算 委員会第3分科会で、日銀が先月決定した追加金融緩和策について、 「時宣にかなったタイミングでの金融緩和策だった」と述べた上で、 「市場が日銀の強い意思を感じ、円安・株高に寄与している。市場に よいタイミングでインパクトを与えてくれた」とあらためて評価した。 橋本勉氏(民主党)への答弁。

その上で、「政府・日銀はデフレ脱却に向けて連携していくのは重 要だ。白川方明日銀総裁とは互いの意思疎通は図っている。日本をめ ぐる経済情勢は共有しておかないと、政策の一体性は出てこない。特 段の金融緩和と財政政策を密接に関連させていかなければならない」 と語った。

また、財務相は復興需要やエコカー補助金などによって「内需が 非常に堅調に動く素地ができた。こうした景気対策も株価に良い影響 を与えている」と指摘。欧州の経済危機の安定や米国経済の回復など も相まって「経済状況が上向きつつある」と述べるとともに、来年度 予算の早期成立によって国内経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条 件)を良くする必要性を強調した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE