「AAA」不足が追い風か-米国債の海外保有が5兆ドルに拡大

米国債市場については、増え続ける 供給に対して連邦準備制度理事会(FRB)による吸収で対応している との懸念がある。しかし、海外投資家による保有はFRBを上回る勢い で拡大している。

米政府統計によれば、海外投資家による米国債保有は1兆8400億ド ル増の5兆ドル(約410兆円)。これは2009年の量的緩和第1弾(QE 1)開始以降、FRB以外が保有する米国債の60.5%に相当する。同期 間に、FRBによる保有は1兆1800億ドル増えて1兆6500億ドル。全体 に占める割合は16.8%と7.6%から上昇した。

米財政赤字は4年連続で1兆ドルを上回る見通しで、海外投資家に よる米国債購入はオバマ政権の財政運営を支えている。米10年物国債利 回りがインフレ率を下回ったままであることから、ヘッジファンド、オ メガ・アドバイザーズの創業者レオン・クーパーマン氏のように米国債 を避ける投資家もいる。しかし「AAA」格付けを持つ代替商品の供給 が減少しているため、相場下落リスクは限定的となっている。

RBSセキュリティーズの米国債戦略責任者ウィリアム・オドネル 氏は2月29日の電話取材で、「適切な金利で質の良い資産を手に入れた いという投資家の資金は豊富にある。問題は、高品質で流動性の高い債 券が十分にないことだ」と述べた。

11年の海外投資家による米国債保有は、欧州勢がけん引する形 で13%増加した。国際通貨基金(IMF)によると、世界の外貨準備高 に占める米ドルの割合は同年7-9月(第3四半期)に61.7%に上昇 し、10年終盤以来の高水準となった。これに対してユーロは25.7%で、 3年ぶりの低水準だった。

バークレイズ・キャピタル・グローバル・アグリゲート・ボンド指 数によれば、AAA格付け債の供給は世界全体で、過去最高だった昨年 4月の18兆8000億ドルから約2.6%減少した。

原題:AAA Shortage Drives Foreign Holding of Treasuries to $5 Trillion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE