NY原油先物時間外:3日ぶり安値から反発-米パイプライン閉鎖で

ニューヨーク原油先物相場は5日の 時間外取引で3営業日ぶり安値から反発。オバマ米大統領はイランの核 開発を阻止するために軍事力行使をためらわないと述べた。エンブリッ ジは米イリノイ州のパイプラインを閉鎖した。

原油先物相場は一時、0.6%上昇した。先週は週間ベースで4週間 ぶりに下落した。イスラエルのネタニヤフ首相は5日、イランの核開発 問題を協議するためワシントンを訪問し、オバマ大統領と会談する。北 海ブレント原油のウェスト・テキサス・インターミディエート (WTI)に対する価格差は縮小した。エンブリッジは、車両が衝突し 火災が発生したためパイプラインを閉鎖した。サウジアラビアのパイプ ラインが爆発したとの報道で1日にも原油相場が上昇していた。この報 道はサウジが後で否定した。

商品市場に関するニュースレター、バラッツ・ブレティン(シドニ ー)のジョナサン・バラット最高経営責任者(CEO)はパイプライン の閉鎖について、「市場がいかに神経質になっているかが分かる。先週 はサウジアラビアのパイプラインで爆発があったとの報道で相場が上昇 した。イラン情勢からも目が離せない」と述べた。

原油先物4月限は一時、59セント高の1バレル当たり107.29ドルを 付けた。シドニー時間午後0時26分(日本時間午前10時26分)現 在、107.20ドルで推移している。前週末の通常取引は2%安で引けた。 終値では2月28日以来の安値。先週は2.8%下落。1年前に比べる と1.7%上昇。

原題:Oil Rebounds From Weekly Loss on Iran Tension, Pipeline Shutdown

淡路毅 +81-3-3201-2107 tawaji@bloomberg.net

堀江広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913 hhorie@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE