中国:今年の小売売上高、14%増目指す-固定資産投資は16%増へ

中国国家発展改革委員会(発改委) は5日、同国の小売売上高を今年14%引き上げる目標を盛り込んだ報告 書を発表した。

北京でこの日開幕した全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で 配布された報告書によると、固定資産投資の目標を16%増に設定、原炭 生産は3.7%増の36億5000万トン、発電出力は7.5%増の5兆500億キロ ワット時とする方針。また、原油生産は2億400万トンを維持するとし ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE