プーチン氏勝利宣言、ロシア大統領選挙-反体制派を批判

4日投開票のロシア大統領選挙は、 プーチン首相の当選が確実となった。プーチン氏は4日夜、勝利を宣言 するとともに、反体制派は権力奪取を目指していると批判した。プーチ ン氏に反対する勢力は、大統領選挙で不正が行われたと主張している。

プーチン氏(59)は大統領府近くの広場に集まった数千人の支持者 の前で、「われわれは開かれた誠実な闘いに勝利した」と述べた上で、 「ロシア国民が、斬新さや刷新を望むことと、ロシア国家の破壊と権力 奪取を唯一の目標とする政治的な挑発をやすやすと見分けられることが 示された」と語った。

選挙不正疑惑をめぐりプーチン体制下で最大の反政権デモが再燃す る可能性がある中で、プーチン氏は権威の回復に努めている。次期大統 領の任期は6年。

カーネギー・モスクワ・センターのアナリスト、マシャ・リップマ ン氏は、「プーチン氏は大統領選には勝利したかもしれないが、この数 カ月間直面してきた難題は今後もなくならないだろう」と指摘。「不満 と怒りが募っており、抗議行動が起こる見通しだ」と説明した。

中央選挙管理委員会によれば、開票率55.9%の時点でプーチン氏の 得票率は64.6%。中央選管は投票率を64%と推定している。正式な開票 結果は5日中に発表される。国営調査機関、VTsIOMの15万9161人 を対象にした出口調査によると、プーチン氏の得票率は58.3%。世論基 金(FOM)の出口調査では59.3%だった。

原題:Putin Denounces Bid to Usurp Power in Claiming Presidential Win

--取材協力:Stepan Kravchenko、Jake Rudnitsky、Denis Maternovsky.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE