スペイン貯蓄銀カハ・エスパーニャを公的管理か―ABC紙

スペインの金融当局は貯蓄銀行のカ ハ・エスパーニャ・カハ・ドゥエロがユニカハと合併しない場合、カ ハ・エスパーニャを公的管理下に置く可能性がある。同国紙ABCが伝 えた。

同紙がユニカハに近い複数の関係者の話を匿名で伝えたところによ ると、両行は昨年9月に合併で合意していたが、新ルール適用でカハ・ エスパーニャが保有不動産絡みで損失を計上する必要が出てきたため、 ユニカハが合併を完了させることに慎重になっている。スペイン銀行 (中央銀行)と金融監督当局は、合併計画の進行状況を知らせるよう要 求しているという。

カハ・エスパーニャとユニカハの広報担当に4日に電話取材を試み たが、応答はなかった。スペイン中銀の報道官は報道に関してコメント を控えた。

原題:Caja Espana-Duero Seizure By Regulator May Be Imminent, ABC Says (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE