仏アレバ:11年24億2000万ユーロの赤字-ウラン鉱山の評価損などで

核燃料・サービス供給最大手、フラ ンスのアレバは2011年の損益が赤字となった。ウラン鉱山や工場、プロ ジェクトの評価損を計上した。

アレバが1日発表した資料によると、11年の損益は24億2000万ユー ロ(約2613億円、1株当たり6.35ユーロ)の赤字。10年は8億8300万ユ ーロ(1株2.49ユーロ)の黒字だった。昨年の黒字には資産売却が含ま れている。

営業損失は19億2000万ユーロと、前年の4億2300万ユーロから増加 した。アレバは昨年12月、11年通期の営業損失が最大16億ユーロになる と予想していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE