ブラード総裁:FRBの総資産拡大はインフレのリスク高める

米セントルイス連銀のブラード総裁 は2日、米連邦準備制度理事会(FRB)が特定の期間異例の低金利を 継続するとの政策のシグナルを送ることで、信頼性が打撃を受ける可能 性があるとの見解を明らかにした。バンクーバーでの講演で語った。

同総裁はまた、FRBの資産購入について「バランスシートの規模 拡大は緩和政策が適切なペースで解除されなければ、追加的なインフレ リスクを伴う」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE