欧州債:ドイツ債上昇、小売売上高減少で-スペイン債下落

2日の欧州債市場ではドイツ国債 が上昇し、2年債利回りはここ2カ月で最大の低下となった。同国で1 月の小売売上高が予想外に落ち込んだことから、債務危機が域内の景気 回復への重しとなっているとの懸念が強まった。

スペイン国債は12営業日ぶりに下落。財政赤字を圧縮する取り組み に景気減速の深刻化が打撃を与える、とのラホイ首相の発言が売り材料 となった。

イタリア10年債は週間ベースで上げ、過去14年で最長の上昇局面と なった。同国の2011年財政赤字が対国内総生産(GDP)比率でエコノ ミストの予想以上に縮小したことが手がかり。市中銀行が欧州中央銀行 (ECB)の3年物資金供給オペで得た資金を、同国債購入に充てると の見方が広がった。

クレディ・スイス・グループ(チューリヒ)の債券ストラテジス ト、ラスムス・ロウジング氏は「ユーロ圏経済の軟調が引き続き懸念さ れているほか、こうした不透明感が続く限り、ドイツ国債利回りは抑え られる」と述べた。ECBの3年物オペが「周辺国債を大きく支えた が、リスクはまだある」とも語った。

ロンドン時間午後4時41分現在、ドイツ2年債利回りは前日比5ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し0.16%。一時は昨年12 月27日以降で最大の6bp低下となった。同国債(表面利 率0.25%、2014年3月償還)価格はこの日、0.105上げ100.175。10年債 利回りは7bp低下の1.80%。

独連邦統計庁が2日発表した1月の小売売上高指数は前月比1.6% 低下。ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト22人を対象にまとめた 調査の中央値では0.5%上昇が見込まれていた。昨年12月は0.1%上昇だ った。

スペイン10年債利回りは前日比4bp上昇の4.90%。同年限のドイ ツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は10bp拡大し312b p。スペイン10年債利回りは昨年8月以来で初めて、イタリア債利回り を一時上回った。

イタリア10年債は6日続伸し、利回りは5bp下げ4.90%となっ た。前週末比では58bpの低下。2年債利回りは2bp低下し1.74%。

原題:German Bunds Rise After Retail Sales Decline; Spanish Notes Drop (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE