モルガンS幹部が憎悪犯罪で起訴、タクシー運転手に乱暴

米モルガン・スタンレーの米国の債 券引き受け部門の責任者ウィリアム・ブライアン・ジェニングス氏が、 中東系のタクシー運転手に対するコネティカット州での傷害事件に関し 憎悪犯罪で起訴された。

コネティカット州ダリエン警察のマーク・キャペリ刑事がインタビ ューで明らかにしたところによると、ジェニングス氏は昨年12月22日に ニューヨーク市のタクシーに乗り、同市から40マイル(約64キロ)の自 宅まで乗車した後、ペンナイフで運転手に襲いかかり、人種差別的な発 言をしたと運転手が述べている。

業界監督当局のデータによるとジェニングス氏(45)は1993年にモ ルガン・スタンレー入社。現在は同社債券資本市場担当マネジングディ レクターを務めている。

モルガン・スタンレーの広報担当、ペン・ペンドルトン氏はジェニ ングス氏について「休職扱いになっている」と述べた。ジェニングス氏 の弁護士はインタビューで、同氏はタクシー料金をめぐる揉め事で自分 の意思に反して押さえ込まれ、身の危険を感じたのだと説明している。

原題:Morgan Stanley Executive Charged in Hate Crime Stabbing (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE