ユーロ圏:1月の生産者インフレ率は3.7%-4カ月連続で低下

ユーロ圏では1月の生産者インフレ 率が4カ月連続で低下した。エネルギーや機械など資本財の価格上昇が 和らいだ。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が2日発表した1月の ユーロ圏生産者物価指数(PPI)は前年同月比3.7%上昇。インフレ 率は昨年12月の4.3%を下回った。ブルームバーグ・ニュースがまとめ たエコノミスト17人の調査中央値では3.5%が見込まれていた。

IHSグローバル・インサイトのチーフエコノミスト、ハワード・ アーチャー氏(ロンドン在勤)は「現在の需要が弱い局面でのコスト抑 制で、企業は雇用をできるだけスリム化するよう深刻な圧力を受けてい る」と述べ、ユーロ経済は「1-3月(第1四半期)に国内総生産 (GDP)がさらに縮小する深刻な脅威にさらされている」と続けた。

エネルギー価格は前年同月比9.2%上昇。12月は9.4%上昇。資本財 は1.3%上昇(12月は1.6%上昇)だった。

1月のPPIは前月比で0.7%上昇した。27カ国から成るEU全体 のPPIは前月比0.7%、前年同月比で4.4%それぞれ上昇した。

原題:European Producer-Price Inflation Slows for Fourth Month (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE