GPIF:昨年10-12月運用期間収益はプラス0.58%、外国株高寄与

年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF)が2日に公表した2011年度第3四半期(10-12月)の期間 収益率は、外国株式上昇などでプラス0.58%となった。金額ベースで は6187億円の増加。市場運用分の資産ベースのパフォーマンスを見る と、外国株式がプラス8.76%、国内債券がプラス0.38%。一方、国内株 式はマイナス3.97%と全体の足を引っ張った。外国債券もマイナ ス0.53%。

第3四半期末の運用資産額は108兆1297億円。運用資産の構成割合 は、国内債券が67.37%(うち市場運用54.07%、財投債13.30%)、国 内株式11.08%、外国債券8.38%、外国株式10.13%、短期資産3.04%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE