安住財務相:為替とIMF支援の問題「切り離して」-国会答弁

安住淳財務相は2日午前の衆院財務 金融委員会で、国際通貨基金(IMF)の資金増強に協力する際、外国 為替資金特別会計の外貨を使わず、新たに調達した円をドルやユーロに 転換し円相場の安定を図ってはどうかとの質問に対して「為替の問題と IMFの話は切り離して考えるべきだ」と述べ、慎重な姿勢を示した。 西村康稔氏(自民)に対する答弁。欧州金融安定ファシリティー (EFSF)債については「今後とも欧州自身の取り組みを見極めなが ら、外為特会が保有するユーロの流動性や発行条件を勘案しながら購入 を検討していく」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE